山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP観光地 ≫ 大分県別府市 鶴見岳のミヤマキリシマ×別府ロープウェイ 2015/05/30

大分県別府市 鶴見岳のミヤマキリシマ×別府ロープウェイ 2015/05/30


鶴見岳ミヤマキリシマ群落のようす


鶴見岳山頂からロープウェイ乗場のほうへ少し下った場所に「ミヤマキリシマ群落」がある。群落付近は整備が進んでいて、自然の群落に見えないところが残念だが、1株ごとの大きさにボリュームがあり見ごたえがある。この日は見頃が過ぎて5割程度花が落ちていたが、梅雨入り後の週末にしては上々な天気で、遠方から来訪の当方としては満足のいくものになった。


ロープウェイからの展望と軽妙なアナウンス

turumidake037.jpg
山頂付近にあるロープウェイ乗場「山上駅」


ミヤマキリシマを軽く鑑賞後、火男火売神社へ歩いて降りるか、ロープウェイを使ってズルして降りるか迷ったが、山頂付近を響き渡る「始発」のアナウンスに心が揺れる。始発ならば人も多くないので撮影も自由にできそうだ。というわけで、ロープウェイ乗場に向かうことにした。

turumidake038.jpg
ロープウェイ乗場(山上駅)


山頂公園は至るところで改修工事中で、ロープウェイ運航開始前の早朝は工事関係者しかいない。乗場に行っても誰もおらず、時折見かける登山者も、乗場に顔を覗かせるものの、すぐにどこかに行ってしまう。結局、ひとりっきりのまま発車時刻になり、ゴンドラは当方と添乗員の2人を乗せて山麓の高原駅に向けて出発した。

turumidake039.jpg
ロープウェイ(ゆふ号)


お客は当方1人だけなので気兼ねなく撮影はできるし、添乗員の軽妙なアナウンスも雑音のないなか、ゆっくりと聞くことができる。約10分間の案内なんだが、1度もトチルことなくリズムよく話す説明は「さすがプロ」といった感じである。ロープウェイは別府市街を一望しながらゆっくりと山麓に到着してズルして下山完了。

turumidake040.jpg
ロープウェイ乗場(高原駅)


山麓からバスに乗って駐車地である「由布岳登山口」まで戻り、今回の山行は終了。さて、どこの温泉にいきますかな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL