山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP温泉 ≫ 大分県中津市 八面山金色温泉 2015/05/30

大分県中津市 八面山金色温泉 2015/05/30


八面山金色温泉の露天風呂のようす


鶴見岳を下山後、大分県を撤退すべく帰路につく。恒例の登山後の温泉はどこにしようかとか、お土産をどこで買おうかなどを考えながら車を走らせていると、「道の駅なかつ」を発見。お土産購入のために立ち寄ることにする。そこで、市内の観光案内板を見ると、道の駅から程ないところに温泉入浴施設があることがわかり向かうことにする。

kanairo_onsen01.jpg
八面山金色温泉標識

kanairo_onsen02.jpg
[第一露天] 箭山(ややま)の大露天(ややまとは八面山の別称)


向かったのは八面山の麓にある「八面山金色温泉(はちめんやまかないろおんせん)」である。かないろと響きが良泉の匂いをプンプンさせるのだがこれいかに…。場所は道の駅から車で15分くらいの場所だが、山の裾野にある静かな場所にある。日帰り入浴施設に併設するように宿泊棟もあり、景観に合わせた和風の造りが印象的な施設だ。

kanairo_onsen03.jpg
[第三露天]

kanairo_onsen04.jpg
[第三露天の打たせ湯]


施設内は今風で、靴ロッカーの鍵をフロントに預け、券売機で入浴券を購入、靴鍵と一緒に受付に渡す方式だ。浴場までに、簡単な売店、簡単な休憩所、簡単な自販機コーナーがある。脱衣所は鍵付きロッカーがあり、フロントで渡された鍵を使う方式で荷物に合わせてロッカーの大きさの配慮をしているようだ。その他設備も最低限のものは揃っているし清潔感も保たれている。

kanairo_onsen06.jpg
[第二露天]

kanairo_onsen05.jpg
[第二露天近くの休憩所]


浴場は広く、L字型に設置されたカランも数は多くゆったりしている。内湯は大きくユッタリできる。露天風呂は雑木林に立体的に3つ設置してあり、この施設のウリになっている。お湯は金色ではなくほぼ無色、そしてほぼ無臭、思ったより全然普通である。施設としてはこれといった特徴はないが、これといった不満もない安心して利用できる施設である。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL