山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP県外のお山 ≫ 大分県 九重連山 ミヤマキリシマと山開き その② 2015/06/06

大分県 九重連山 ミヤマキリシマと山開き その② 2015/06/06


隠れスポット?のミヤマキリシマ


北大船山山頂のミヤマキリシマ


段原のミヤマキリシマ


下山するか、平治岳へ向かうか迷ったあげく、平治岳へ向かうことにして大船山山頂をあとにする。渋滞は多少
落ち着いたとはいえ、段原では多くの人が休憩をしていた。段原から北大船山方面にはミヤマキリシマの大群落があり、大船山系のミヤマキリシマの見所の1つである。

2015miyamakirishima014.jpg
段原から北大船山を望む

2015miyamakirishima015.jpg
北大船山縦走路のミヤマキリシマ


今年はピークが過ぎたうえ、花つきの悪い裏年のためか予想通り迫力がイマイチではあるが、それでも、この時期にしか見れない光景ということもあり、それなりの嬉しさがある。段原から北大船山へ向かうミヤマキリシマ群落を抜けると、平治岳けの縦走路が続く。その縦走路を歩いていると、奇妙な場所から人が出てくるポイントを発見。

2015miyamakirishima016.jpg
ミヤマキリシマの隠れスポット

2015miyamakirishima017.jpg
大船山方面からの平治岳のようす(ピンクではなく茶色…)


目印や標識もなく、一見道らしい道もない場所だが、なんだか興味を惹かれて奥に進むことにした。道があるようなないような場所を奥に進むと小さな池と小高い丘が目の前に現れた。この場所はそれほど知られてはいない場所らしく、あまり人がいなかったこともあり、秘密の場所を見つけたなと少し得した気分になった。


平治岳のミヤマキリシマ


大戸越のミヤマキリシマ

2015miyamakirishima018.jpg
大戸越のミヤマキリシマは虫が原因で全滅状態

2015miyamakirishima020.jpg
虫害被害が激しいミヤマキリシマ


そんな嬉しい寄り道も終わり、平治岳手前の大戸越まで一挙に歩く。平治岳方面の展望が開けてくると、例年ならピンク色で染まっている大戸越あたりのミヤマキリシマ大群落が虫害で一面茶色である。「こりゃあ、あかん…」と口をついてでる。それでも、虫害で染まる茶色の風景も初めての経験であり、少しワクワクした。

2015miyamakirishima021.jpg
平治岳中腹かたみる大戸越とミヤマキリシマ

2015miyamakirishima022.jpg
南ピークからみる平治岳山頂とミヤマキリシマ


大戸越に到着すると、いつものごとく、ヒト×人×ひとである。状況が状況なのでシャッターをきる人も少なく、山頂へ向かう道もいつもよりスムーズに見える。この様子だと、山頂付近の群落も期待できないなと思いながら歩を進めたわけだが、山頂付近はそれなりに見ごたえのある風景が広がっていた。

2015miyamakirishima024.jpg
平治岳中腹を彩るミヤマキリシマ

2015miyamakirishima023.jpg
平治岳山頂


周りからは歓声が聞こえ、口々に「登ってきて良かった」との声が聞こえる。さすがに、山頂んい到着すると、遠くからでは分からなった開花状況がわかり、昨年ほどではないと思い知らされるわけだが、概ね満足し下山の途についた。帰りは大戸越から坊ガツルキャンプ場まで下るコースを選択し、泥まみれのコースを何とか歩きキャンプ場に到着する。


さて、ここからどのコースで帰るか悩むのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL