山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP県外のお山 ≫ 福岡県北九州市 平尾台散策① 車中泊できない… 2015/08/23

福岡県北九州市 平尾台散策① 車中泊できない… 2015/08/23

otomatsuri201504.jpg
祭会場である道の駅おおとう


最近は暑さのせいか、気力のせいか、歳のせいか分からないが遠出する気持ちが減退気味である。それでも、天気がすぐれない1週間の週末が晴れ予報ということもあり、重い腰を上げて少しだけ足を延ばして見ることにした。で、やって来たのは日本3大カルスト地の1つ「平尾台」である。

otomatsuri201501.jpg
特設ステージではエレキの音が響きわたる


土曜日は午前中諸々の用があり、行くことができないので昼から出発して車中泊をすることにした。平尾台には登山者向けの無料駐車場が何ヶ所かあるが、若干の不安を感じつつ「吹上峠」にある無料駐車場へ向かう。ここなら「平尾台ルート」の登山口のあるので起床後すぐに登山開始ができる。

otomatsuri201502.jpg
一日目は23時前までイベントがあるようだ


しかし、県道28号線沿いにあり、平尾台自然の郷の近くにあるこの駐車場は、夜の秋吉台のように暗闇を好む輩の溜まり場になっている可能性がある。初見で事情が分からなかったが、問題があれば移動することを念頭に現地で夜を迎えた。そして、夜も9時を超えたあたりから不安は確信に変わる。とにかく、ひっきりなしに車がくるのだ。

otomatsuri201503.jpg
この時間になると大人たのための祭りになっている


そこで、B案である平尾台を撤収して一番近くの「道の駅おおとう」に移動。到着時22時をまわっていたのだが、なんだか様子がおかしい…。どうやら、この日は夏まつりで0時までイベントで盛り上がるらしい…。折角なので祭りを一通り見て周り、エレキギターが鳴り響くなか眠れないので、考えていなかったC案を考えて移動することになる。

ようやく落ち着いた先は嘉麻市にある「道の駅 うすい」。飯塚市へ向かう交通の要所になっていて、夜間でも交通は途切れないが車中泊らしい車はない。おかげで職質を受けるハメになる。この日はトコトン調子が悪い‥。就寝は0時過ぎ、こんなことなら早朝くれば良かったと半べそ気分で眠りにつくのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL