山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP県外のお山 ≫ 宮崎県西諸県郡高原町 高千穂峰 山頂 2015/09/20

宮崎県西諸県郡高原町 高千穂峰 山頂 2015/09/20



高千穂峰コース全行程


えびの高原駐車場での車中泊は静かで快適に過ごせた。有料駐車場なので絶対数が少ないということもあるが、テントが張れないので集団バイカーがいないことが、快適に過ごせる一番大きな理由だろう。当方もバイクには乗るが、集団バイカーのマナーの悪さは目に余るものがある(もちろんすべてのバイカーに当てはまるものではないが…)。

takatihonomine01.jpg
早朝の高千穂河原駐車場

takatihonomine02.jpg
高千穂峰を含む霧島連峰は活火山帯です

takatihonomine03.jpg
避難壕も設置されています


早朝4時起床、準備をして高千穂峰登山口のある「高千穂河原」に向かう。駐車場には数台の車しかなく、空いている場所で朝食の準備をする。天気は快晴、登山日和になりそうだ。高千穂峯は新燃岳から近いということもあり、駐車場に避難壕が設置してある。この登山口から新燃岳に向かうことも可能だが、現在、火山活動のため、新燃岳、中岳は入山規制されている。


霧島神宮古宮址のようす

takatihonomine04.jpg
霧島神宮古宮址参道からみる高千穂峰

takatihonomine05.jpg
霧島神宮古宮址は少し寂しい感じ…

takatihonomine06.jpg
古宮址近くの登山道入口

takatihonomine07.jpg
序盤登山道は石畳が続きます


高千穂峰は天孫降臨の地として、高千穂町にある二上山と論争が続いている山である。まあ、神話の話だしどちらが本当?といわれてもピンとこないもんだが、雰囲気があるほうは?といえば、「高千穂峯」と個人的に答えるだろう。その荘厳な雰囲気は霧島神宮古宮址から見える2コブの美しい山容をみれば納得がいくと思う。


御鉢のようす

takatihonomine08.jpg
開けてくると眼前に御鉢が見えてきます

takatihonomine09.jpg
足場が悪い急坂を登ると迫力ある御鉢火口淵が見えてくる

takatihonomine11.jpg
火口を見ているといつ爆発してもおかしくない雰囲気がある…

takatihonomine10.jpg
火口淵を歩いて日が登る高千穂峰へ向かう


登山道は何本かあるが、最終的には1本に集約される。雰囲気を楽しみたければ、霧島神宮古宮址に立ち寄り、お参りをしてから、登山を開始したい。お参りをしたあとは、1本道の登山道を御鉢火口縁まで、小石に足を取られながら、ひたすら登ることになる。大抵の人はこの急坂でグッタリくることになる。


高千穂峰山頂のようす

takatihonomine12.jpg
御鉢と山頂との鞍部にある霧島神宮元宮石祠

takatihonomine16.jpg
高千穂峰山頂

takatihonomine13.jpg
山頂標識

takatihonomine14.jpg
山頂お宮

takatihonomine18.jpg
青空と天の逆鉾(あまのさかほこ)


そんな疲れも、御鉢や高千穂峰山頂、周囲の展望が望める御鉢縁までくれば、吹き飛ぶことになるだろう。御鉢に到着したとき、ちょうど、日の出が高千穂峯から顔を出すように登ってきて勝手に神々しさを感じてしまうあたり、自分が日本人なんだななんて勝手に思ったりする。

takatihonomine17.jpg
山頂北側展望

takatihonomine19.jpg
山頂南側展望

takatihonomine20.jpg
山頂からの御鉢の風景


御鉢と山頂との鞍部には霧島神宮元宮の石祠があります。この辺りには霧島神宮元宮や霧島岑神社があったようだが、噴火により焼失し、現在の石祠に姿をかえているようです。ここから、最後の急坂を登りきれば山頂です。山頂には3種の神器の1つ「天の逆鉾(あまのさかほこ)」が刺さっており、ただの火山を神聖な場所に変えています。


山頂避難小屋とトイレブース

takatihonomine15.jpg
ハイジの家のような山頂避難小屋

takatihonomine21.jpg
登山口にあるビジターセンター入口

takatihonomine22.jpg
天候不良だった場合、ビジターセンターで山頂の撮影ができる


山頂には山小屋がありますが、テーブルセットがあるだけで、寝ることを想定してません。改めていうこともありませんが、展望は360度楽しめます。きをつけることは強風です。風が強い日は小石が飛んできてとても危険らしいので天候には十分注意が必要です。山頂で、ゆっくり休んだら、ピストンで登山口までもどるのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL