山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP県外のお山 ≫ 鹿児島県指宿市 開聞岳 (かいもんだけ) 山頂 2015/09/20

鹿児島県指宿市 開聞岳 (かいもんだけ) 山頂 2015/09/20


開聞岳ルート全行程


高千穂峯下山が随分と早かったので、他のお山に登ることにする。下山中に考えたのは、このまま霧島周辺のお山を散策するか、鹿児島まで下りて開聞岳にいくプランである。霧島周辺のお山に登るのであれば、あと2つくらいは登れるだろう。開聞岳へ移動するなら、下山が日暮れ前くらいになるだろう。

kaimondake01.jpg
イッシーで有名な池田湖畔からみた開聞岳

kaimondake02.jpg
駐車場からみた開聞岳


で、結局「開聞岳」にいくことにした。予定通り登山できてもいいし、できなくても明日以降のスケジュールを立てやすくなるだろうと思ったからだ。翌日以降は高隅山あたりをぶらつきたいなあなど漠然とした思いもあったのでちょうどよいと考えたわけだ。とはいえ、目的地までは市街地を通るため、随分と時間がかかる。特に鹿児島から指宿への国道は最悪だった…。

kaimondake03.jpg
成人登り3時間とあるが、ちょっと大げさかも…

kaimondake04.jpg
螺旋状の登山道をこれから楽しみます


池田湖から開門岳が見え始めると、富士の形をした山容に興奮する。何度みても綺麗な形をしたお山だ。だんだんと山に近づいていくと何やら山頂あたりでヘリコプターらしきものがホバリングしているのに気づく。テレビの撮影でもしてるのかなと、その時は思っていたのだが、どうやら救助をしていたらしい。

kaimondake05.jpg
狭く歩きにくい登山道が続く


5合目休憩所と展望

kaimondake06.jpg
5合目展望所からの景色


登山者用駐車場に到着したのは、15時前で車が随分と残っているところを見ると下山していない人がそれなりにいるようだ。時間が時間なので、ここで車中泊をするか迷ったが、結局、行ってみて、無理なようなら引き返すことにして出発することにした。登山口の案内板をみると、成人で片道3時間とあるが、これはいくらなんでも大下座だろう。

kaimondake07.jpg
7号目あたりは大岩の上を歩いていく

kaimondake08.jpg
7合目展望所からの景色


登山道はシッカリしているし、標識もある。5合目の展望所以外は7合目付近まで展望はほぼなく、山の中を歩くことになる。7合目から山頂までは足場が悪い場所や梯子もあり、油断すると大けがにつながる場所もある。下山している人と何度もすれ違うが道が狭いため、離合の度に立ち止まらなくてはならない。

kaimondake09.jpg
7.1合目展望所(あまり景色はミエナイ…)

kaimondake10.jpg
9合目からは大きな登りが続く


下山を急いでいるのか、登り優先のマナーを守る人はほとんどおらず、ドンドン下りてくるため、ほとんどこちらが足を止めることになった。4合目付近で、1組だけ登っているカップルを見かけたが、追い越すと登り客はおらず、そのまま山頂に到着。下山中、登山者に出会わなかったので、恐らく、日暮れまでの登頂者で最後の人間になったようだ。

kaimondake11.jpg
山頂直下にある御獄神社


誰もいない山頂で、軽食をとり、撮影を済ませ、下山をしようかと思っていると、下のほうから「誰かいませんか~」という声が聞こえる。「山頂にいます~」と答えると、やがて、オレンジ色の制服を纏った、レスキューの若い隊員が、息を切らせて登ってきた。「ほかにだれかいますか?」と聞かれたので「いえ、自分だけですよ」と答えると、「もうすぐ、日暮れなので…」と下山を促された。


開聞山頂の展望

kaimondake12.jpg
山頂標識

kaimondake14.jpg
山頂展望


「なにか、あったんですか?」と聞くと、この日救助があったを言われ、「ヘリは救助だったんですか?」と聞くと「そうです」とかえってきた。このコースは7合目から山頂までが暗くなると厄介なので、明るいうちに6合目より下におりておきたかった。下山中、途中すれ違った何組かを追い越し、日のあるうちに下山完了し一息つく。

kaimondake13.jpg
帰りにじっくりみた「仙人洞」


さて、温泉でも入って寝床を探さねば…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL