山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP県外のお山 ≫ 大分県宇佐市 鹿嵐山 (かならせやま) 山頂 2015/09/22

大分県宇佐市 鹿嵐山 (かならせやま) 山頂 2015/09/22


鹿嵐山の桃ノ木登山ルート全行程


吉田温泉で身体をサッパリさせ、近くのうどん屋で食事を済ませ、幕営地に決めた大分県宇佐市の「道の駅 いんない」まで移動を開始した。この日は、宮崎市→えびの市→宇佐市と九州南部をジグザグ走行でちょっとお疲れモード。道の駅に到着したのは23時を過ぎていたと思う。車は20台近くとまっておりそこそこ盛況であった。

kanaraseyama01.jpg
桃ノ木登山口(駐車5台分あり)

kanaraseyama02.jpg
石畳あり、交通の要所だったのか…

kanaraseyama03.jpg
万里の長城付近を麓から


寝床の準備をして、明日登る山の情報集めをし午前0時頃就寝する。起床は5時前、準備を済ませ登山口へ急ぐ。南九州山行脚の最後のお山にしたのは、本耶馬溪方面にある「鹿嵐山(かならせやま)」である。ハッキリいって読めませんし、憶えられません。有名な登山口は(第一、第二、中央)3つありますが、あまり利用されない登山口、桃の木にある登山口から山頂を目指します。


鹿嵐山の地蔵峠のようす

kanaraseyama04.jpg
地蔵峠の標識

kanaraseyama05.jpg
地蔵峠のお地蔵様

kanaraseyama06.jpg
お鼻が立派ですな…


登山口に到着したのは午前6時。朝食は前日同様パンとカレー(なんど食ってもうまい)を登山口駐車場で食べる。7時前に登山開始。登山口から山頂まで適度に標識があるし、迷いやすい山道分岐はほとんどない。とりあえずの目的地は稜線上にある「地蔵峠」である。昔は交通の要所だったのだろうか石畳がある場所がある。難なく「地蔵峠」に到着。峠には真新しいお地蔵様があり、小さな小屋が併設されていた。


鹿嵐山の万里の長城(地蔵峠の景)のようす

kanaraseyama07.jpg
峠の次の分岐(万里の長城に向かいます)

kanaraseyama09.jpg
奇岩が並ぶ万里の長城の展望

kanaraseyama10.jpg
やせ尾根を歩く

kanaraseyama11.jpg
しばし面白い景色が続く


地蔵峠からしばらくはトラバース気味に歩き、このコース随一の名所、「万里の長城(地蔵峠の景)」に到着する。奇岩が立ち並ぶ姿は中国の山のようだ。痩せた稜線と奇岩が万里の長城のようにみえる。稜線は強風だと振り落とされる可能性もあるので注意が必要。もちろん、落ちたらあの世からお迎えが来る可能性が高い危険地帯である。

kanaraseyama12.jpg
見えてきました鹿嵐山山頂

kanaraseyama13.jpg
どうやらシャクナゲで有名らしい

kanaraseyama14.jpg
最後の急坂を登れば山頂だ


そんな、ちょっとばかり危ない場所だが、このお山にきたら外せない名所である。逆に鹿嵐山の盛りあがる場所はここ以外はさほどない。4月から5月にかけてシャクナゲの見所があるようだが、ほとんどの行程を山中散策させられるので面白味は少ないかもしれない。


鹿嵐山(雄岳)山頂のようす

kanaraseyama15.jpg
鹿嵐山(雄岳)山頂標識

kanaraseyama17.jpg
山頂のようす

kanaraseyama16.jpg
山頂三角点


山頂までの最後の登りが少しキツイが無地到着。山頂には標識、三角点があり、展望もそれなりだが開けている。この日はガスでイマイチだったが、本来なら南側が見通せたはずだ。しばしの休憩後、隣のピーク雌岳にもいくことにする。一旦、下り、急坂を登れば到着するので時間があれば立ち寄ってもよいだろう。

kanaraseyama19.jpg
雄岳と雌岳の鞍部


雌岳山頂には標識と石祠があり、展望はわずかだがある。山中や山頂の様子は山口の里山と似ている。帰りは来た道をピストンしたのだが、すれ違った人は2人のみで最後に静かな登山ができた。帰りも万里の長城を通ったのだが、行きとは展望が違ってみえて面白い。個人的には帰りのほうが面白いように思う。


鹿嵐山(雌岳)山頂のようす

kanaraseyama20.jpg
雌岳山頂石祠

kanaraseyama18.jpg
雌岳山頂展望

kanaraseyama21.jpg
雌岳山頂のようす


温泉・そして食事と山口に帰りながらの最後の楽しみを考えながら、下山するのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL