山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPキャンプ場 ≫ 山口県美祢市 秋吉台オートキャンプ場 2015/10/03

山口県美祢市 秋吉台オートキャンプ場 2015/10/03


秋吉台オートキャンプ場のようす


南九州遠征の翌週の土日は連れと一緒に秋吉台オートキャンプ場へ。近隣では、竜王山キャンプ場と並ぶ設備の充実したキャンプ場だと思う。海水浴と絡めるなら竜王山ということになるのだろうが、避暑を目的にするのであれば秋吉台を選ぶことになる。当方はここ何年か海水浴にいってないので、自然と秋吉台に足が向いている。

2015akiyoshi_camp04.jpg
充実した設備が便利な秋吉台オートキャンプ場


また、快適さや設備の充実度を求めるなら秋吉台のほうに利点がある。秋吉台オートキャンプ場はサイトの清潔さ、洗濯機、コインシャワー、炊事場、トイレはもちろん、敷地内に人工とはいえ温泉施設もあり、食堂も併設されている。手間をかけたくなければケビンもある。手ぶらでいっても問題ないくらいレンタル品も豊富であり、家族連れでも安心の施設である。

2015akiyoshi_camp05.jpg
オートキャンプの他フリーサイトやケビンなどもある


それ故に、オンシーズンには多くのキャンパーが来訪するため、深夜までザワツキ感があり静かなキャンプを求めている人向きではないともいえる。そんな、秋吉台オートキャンプ場だが、10月ともなれば利用客が減ってくる。夏でも夜になると比較的快適に過ごせる秋吉台は10月になると寒くなるのが理由だと思う。

2015akiyoshi_camp06.jpg
各種サニタリ―設備も充実


当方はオートキャンプエリアは使わず、フリーサイトエリアでの利用ばかりだが、車を近くまでつけることがきるのも利点だ。テントの設置場所はいつも一緒なので、設営に時間はかからない。3名までの場合はコールマンの2ドームテント240を使用する。このテントは3名までなら快適に寝ることができるし、小さいながらリビングもあるので、悪天候などの場合タープより利便性が高い。

2015akiyoshi_camp03.jpg
入浴設備も悪くない


手間をかけずゆっくり過ごすことをモットウにしているので料理も簡単なものが多く、焼く、煮るですむものが多い。今回も連れの要望で焼肉にする。ご飯は炊くこともあるが、レトルトパックで済ませることが多い。スノピの焚火台を引っ張り出し、火を起こしたら肉を焼いて食べるだけだ。

2015akiyoshi_camp01.jpg
テントはリビングつきでゆったりと…

2015akiyoshi_camp02.jpg
食事はスノピの焚火台でつくる


就寝時と起床時には用意しておいたiwataniのカセットストーブが役に立った。午後1時までにチェックアウトすればよいので、朝食を食べ、テントを乾燥させ、昼食をとって撤収することにした。天気がいいので、黄波戸方面へドライブすることにしてキャンプ場をあとにするのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL