山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP道の駅 ≫ [六甲縦走挑戦編 その①]  広島県三原市 道の駅 みはら神明の里 2015/10/10

[六甲縦走挑戦編 その①]  広島県三原市 道の駅 みはら神明の里 2015/10/10

mihara_michinoeki01.jpg
道の駅 みはら神明の里外観


最後の最後まで迷っていた。この3連休の予定を…。当初は蒜山三山に登り、帰りに恒例の大山に登って帰るというプランであった。が、直前に六甲に行くことにした。六甲行きは以前から温めていた企画で、浮かんでは消えを繰り返していた。そもそも、六甲山に興味を持ち始めたのは「KOBE六甲山全山縦走大会」というお祭りがあるのをしった時からだった。

mihara_michinoeki02.jpg
どうやらダルマが有名ならしい


この縦走大会は須磨から宝塚まで市街地を通りながら六甲山系を1日で歩きつくすというハードなもので、全長約56㎞ともいわれている。興味はあったものの、下調べは縦走好きの私的ホームページをチョロリと読むだけの状態だったし、「大丈夫か…」という思いもあったが「今、いかなくてはいついけるか分からん」という思いから出発を決意する(それほど大袈裟なことか…)

mihara_michinoeki03.jpg
三原といえば三菱重工


交通手段は電車、車、フェリー、バスの4種類。バスは予約が取れず断念。電車とフェリーは早朝到着が難しいので断念。やはり、車しかないのか…。とはいえ、貫徹後の登山は山行の性格上無謀である。どこかで車中泊して翌日早朝トライするというのが現実的である。そこで、21時現地到着を目標に自宅を出発することにした。

mihara_michinoeki06.jpg
タコに関する商品が多く並んでいた


下道を通るため予想外の渋滞が心配だ。渋滞は周南市街、大竹、宮島口、広島市街、福山市街といったところか。周南、大竹、宮島はそれほど渋滞はなく通過。広島市街でつかまり、東広島で工事のためつかまり、福山市街では当然のごとくつかまり、笠岡、鴨方、金光、玉島、倉敷では想定外の大渋滞に巻き込まれた。

mihara_michinoeki07.jpg
2階展望デッキにあった絵馬掛け台(あまりかかってなかった‥)


そんな行程のなか、以前なら大渋滞必至だった三原市街がバイパスのおかげでスムーズになり、そのバイパス上に開駅していた「道の駅 みはら神明の里」によることにした。三原市街が一望できる高台にあり、広島方面から尾道への最後の休憩所として存在感が高まってきている道の駅である。

mihara_michinoeki05.jpg
展望デッキの鐘(最近道の駅でよく見かける)


当方も立ち寄るのは初めてでどんなものがあるか楽しみであった。三原といえば三菱重工のイメージしかなく、特産品といってもピンをこなかったのだが「タコ」が有名らしい。また、神明市で有名な「大ダルマ」にちなんだお土産も多かった。実は神明祭という祭があることを全くもって知らなかったので良い勉強になった。

mihara_michinoeki04.jpg
展望デッキからの景色


駐車場は広く使いやすいが、大きさの割に店舗面積は小さく、商品点数が少ない上、オリジナル商品の面白さに欠けている印象だ。それでも、タコとダルマは商品展開しやすく、ありがちな商品は一通り揃っていた。2階には多目的ホールと展望デッキがあり、ありがちな鐘と絵馬っぽいものをかける場所が用意されていた。いつも思うのだが、この鐘って必要なのか…。

特に食べたいものも見つからず、先も長いので早々に本線に戻り、大渋滞に巻き込まれた福山市街へ向かうのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL