山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP観光地 ≫ [六甲縦走挑戦編 その③] 兵庫県姫路市 夜の姫路城 2015/10/10

[六甲縦走挑戦編 その③] 兵庫県姫路市 夜の姫路城 2015/10/10


化粧直しした夜の姫路城


おさふね温泉で入浴しながら幕営地について考えていた。国道2号線沿いは道の駅が少ない。山口方面からだと岡山県笠岡にある「笠岡ベイファーム」が最後である。 道の駅がダメならサービスエリア等の駐車場を探すしかないのだが考えがまとまらない。これから通る町は…、思いつくのは姫路、加古川…。

night_himegijo01.jpg
Oh! HIMEJI-JO! ワンダフル


姫路…。そう姫路城!。そういえば姫路城は化粧直しがすんでからいってないぞ!とりあえず、夜の姫路城でも見学して、幕営地はそのあと考えるかという結論がでて入浴タイムを終了させる。唯一の気がかりがライトアップがされているかどうかだ。今から出発して到着は22時をまわるだろう。ライトアップがなければ面白くない。

night_himegijo02.jpg
東側からの姫路城


そんな思いをいだきながら、交通量の減った2号線をひた走る。姫路城に向かうためバイパスをおりたら15分ほどで現地付近に到着する。アプローチは大手前の交差点を曲がって姫路城真正面にでるコースを取るべきだ。真正面に輝く姫路城をみたら必ず一声でるはずだ。

night_himegijo03.jpg
正面からの姫路城


あとは駐車場だ。そのあたりに駐車して駐禁でも取られたらたまらない。姫路城には何度かきているが駐車場はいつも適当に止めているので今回も適当に止めて歩くしかない。で、「姫路市立美術館」の駐車場(有料)に適当に止めていざ出発。見学の前に用をたそうと駐車場のトイレにいくとベンチで2人お休みになられていた。どうやら、ここを定宿にしているかたのようだ。

night_himegijo04.jpg
西側から見た姫路城


屋根があるとはいえ、この寒空のなか厚着だけで寒くないのか…。と少々心配になったが、こちらの足跡に気づいている様子もないので静かに立ち去ることにした。美術館は城の東側にあり城への通路もある。光輝くお城が見えてくるとやはり興奮する。22時を回っていたが、ランニング中や観光客がポチポチいたりして意外に危なさは感じない。

night_himegijo05.jpg
幕営地にした駐車場からの姫路城


城が白すぎて変になったとの意見もある姫路城だがイヤイヤどうして悪くない。城全体が白いのでライトアップすると光輝くという言葉がピッタリで幻想的だ。おそらく、姫路城は昼間よりライトアップされた姿のほうが美しいのではないか…。一通り見終わり、駐車場に戻るまえに駐車料金を確認してみた。すると、3時間まで600円、24時間以内900円とあるではないか(爆)

これだと、ここで姫路城を見ながら寝たほうがいいじゃんという気持ちになり、すぐに寝る準備をする。運転席からは姫路城が見えるし悪くない。夜になると付近は物静か、市街ということもあり、それほど物騒ではないだろう。ここから須磨までは約1時間だし、4時起き、5時登山開始の予定をたてて就寝するのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL