山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP県外のお山 ≫ [六甲縦走挑戦編 その⑤] [須磨アルプス] 兵庫県神戸市 旗振山 (はたふりやま) 山頂 2015/10/11

[六甲縦走挑戦編 その⑤] [須磨アルプス] 兵庫県神戸市 旗振山 (はたふりやま) 山頂 2015/10/11


旗振山山頂のようす


「鉢伏山」をあとにして、次の向かうのは「旗振山」です。遊歩道として整備されている山道を歩くこと10分、「旗振茶屋」という売店のある山頂に到着しました。標高253mの山頂に売店があるなんてとてもキュートです。山口県ではこんな低山に売店なんて考えられません。朝も早いのに茶屋内にある休憩所?には大勢の人がいます。恐らく、地元の人がここで毎朝談笑しているのでしょう。

rokkojuso015.jpg
登山道はよく整備されています


「鉢伏山」山頂は展望がありませんが、「旗振山」は海側の展望が開けています。撮影をしているとボチボチ登山者を見かけるようになりました。歩いている人を見ると不思議なことにみんなノンビリしてます。「こんなゆっくりで縦走できるのかな‥。」と思っていましたが、当然のことながら全員が縦走をするわけではありません。

rokkojuso016.jpg
旗振山山頂標識

rokkojuso017.jpg
創業昭和6年の旗振茶屋

rokkojuso021.jpg
阪神淡路大震災で倒壊、平成9年再建


何故か六甲にいたときは「全員が縦走者」と勘違いしていた自分がいました。ハッキリいって、この時間にでて日暮れ前に完歩するのは難しいと考えていました。以前、萩往還を歩いたことがあるのですが、エライ時間がかかったことを憶えています。その萩往還ですら53㎞しかありません(いや53㎞でもすごいんですけどね…)

rokkojuso019.jpg
微かに見える須磨海水浴場

rokkojuso020.jpg
西側展望


萩往還は、毛利氏が慶長9年(1604)萩城築城後、江戸への参勤交代での「御成道(おなりみち)」として開かれました。日本海側の萩(萩市)と瀬戸内海側の三田尻港(防府市)をほぼ直線で結び、全長はおよそ53km



rokkojuso022.jpg
源義経が「逆落し」の奇襲の場所といわれているらしい


いや、改めて考えると六甲全山縦走ってスゴイな…。


六甲縦走編つづく…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL