山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP登山口~山頂 ≫ 山口県山口市 鳳翩山縦走 [ナマナマコース→東鳳翩山→西鳳翩山] 2015/11/03

山口県山口市 鳳翩山縦走 [ナマナマコース→東鳳翩山→西鳳翩山] 2015/11/03


鳳翩山縦走(東鳳翩山山頂から西鳳翩山)全行程


東鳳翩山ナマナマコース全行程


故あって、遠征ができない状況なので近隣での山行が続きます。この日も昼前まで雑用で動けず、近隣でのコース撮影をすることにしました。また、マイブームということもあり、縦走できるお山をさがした結果、久しぶりに鳳翩山を縦走することにしたわけです。

2015touzaihoben01.jpg
錦鶏の滝駐車場を出発

2015touzaihoben02.jpg
雄滝方面へ向かう

2015touzaihoben03.jpg
雄滝(この脇から山に取り付く)


鳳翩山縦走といえば、本来なら21世紀の森から出発、東鳳翩山を経由して西鳳翩山を目指すのが王道といえます。ところが、21世紀の森に向かう途中にある、ナマナマコースの登山口を横目にみていたら、こっちのほうがおもろいなという気分になり、予定を変更する。この「ナマナマコース」は「錦鶏の滝」を経由して「鉱山跡」などを見ながら進む、東鳳翩山ではワイルドなコースです。

2015touzaihoben04.jpg
登山道にある石垣

2015touzaihoben05.jpg
そして坑道跡

2015touzaihoben06.jpg
沢を見ながら山道を進む


以前来た時は倒木やら崩壊がありましたが整備がされ綺麗になっていました。ルートにはリボンやテープもあるので、見落とさないかぎり迷うこともないし「二つ堂コース」や「21世紀の森コース」のような遊歩道なみのコースが物足りない人には良コースになりえます。

2015touzaihoben07.jpg
21世紀の森コースとの合流点


東鳳翩山山頂のようす

2015touzaihoben08.jpg
東鳳翩山山頂標識

2015touzaihoben09.jpg
東鳳翩山山頂からみた西鳳翩山


「二つ堂コース」、「21世紀の森コース」との合流を経て山頂に向かいます。この日は天気が良いので家族連れを中心に、山頂はほぼ満員状態でした。当方はパンを2個ほどかじると早々に西鳳翩山に向かうことにします。東鳳翩山出発は13時をまわっており、日暮れまでの下山は微妙な状態でありました。

2015touzaihoben10.jpg
地蔵峠登山口標識

2015touzaihoben11.jpg
地蔵峠のお地蔵さま


地蔵峠までの道のりは下りを中心に平坦路が続き、地蔵峠から西鳳翩山はダラダラと長いアップダウンが続く。今回も油ノ峠までの道のりは時間より長く感じた。油ノ峠から西鳳翩山山頂までは車道をひたすら歩くことになります。以前は少しキツイを感じていたアスファルト道も難なく登り切り山頂に到着。

2015touzaihoben12.jpg
西鳳翩山への縦走路

2015touzaihoben13.jpg
油ノ峠に到着


西鳳翩山まで誰にも会わない静かな山行であった。山頂で休憩し東鳳翩山に出発しようと腰をあげると、2人連れの登山者と遭遇。どうやら吉敷畑登山口から登ってきたようだ。帰りは一定のペースを保ちつつ東鳳翩山山頂に到着。時間は16時半くらいだった。下山は「二つ堂コース」を利用して駐車地に日暮前に無事帰還する。


西鳳翩山山頂のようす

2015touzaihoben16.jpg
西鳳翩山山頂

2015touzaihoben15.jpg
山頂三角点


鳳翩山縦走路は距離はあるがアップダウンはそれほどキツクないので長時間歩きたい人には良いコースだといえる。それ以外の面白味は残念ながらそれほどないように思う。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL