山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP県外のお山 ≫ [六甲縦走挑戦編 その⑯] 掬星台そして下山 2015/10/11

[六甲縦走挑戦編 その⑯] 掬星台そして下山 2015/10/11


摩耶山掬星台のようす


はじめて挑戦した六甲全山縦走でしたが、出発時間の遅れ、寄り道&道迷い、足の痛みなどの諸事情により、全行程のほぼ中間地点である摩耶山掬星台で終わりにしました。出発前は漠然と完歩できると思っていましたが甘くはありませんでした。途中、先が見え始めてからモチベーションを維持できなくなったのも今回の結果の原因の一つだと考えています。

rokkojuso157.jpg
掬星台は摩耶山にある展望台である

rokkojuso158.jpg
摩耶ロープウェイ乗場「星の駅」


それでも、六甲を歩けたことは自分にとっては良い経験になったし、近日中にリベンジにかこつけた再訪もできるわけで悪いことばかりではないのであります。歩くのをやめると決断すると、お腹がすいてきて掬星台ロープウェイ乗場にある喫茶店でナポリタンとポテトを平らげてしばし休憩。

rokkojuso159.jpg
日本三大夜景「掬星台」からの展望


掬星台は日本三大夜景の1つで手で星を掬えるほどの夜景を楽しめることからその名前がついたようだ。折角ここまで来たし夜景を見て帰ろうかとも考えたが、降りてから駐車地である須磨浦公園まで戻らなくてはならないし、その移動手段についてもこれから調べなくてはなりません。

rokkojuso160.jpg
降りてきました。摩耶ロープウェイで撮影


という訳でうしろ髪をひかれますが、摩耶ロープウェイですぐに下山。その後バスで三宮駅まで移動、山陽電鉄で須磨浦公園まで戻り六甲山行が終了した。次回はバスかフェリーで前日入りするか、車なら前日から須磨浦公園に入っておくことになるだろう。とはいえ、寒く日没が早い冬場はダメなので再挑戦は春以降になるだろう。


六甲全山縦走編おわり


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL