山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP登山口~山頂 ≫ 山口県下関市 狗留孫山 [杉谷コース(奥の院立寄り)] 2016/07/11

山口県下関市 狗留孫山 [杉谷コース(奥の院立寄り)] 2016/07/11


狗留孫山の杉谷コースを奥の院経由で歩いてみた


最近は週一しか山登りにいけないので少々運動不足気味です。さて、今週末は直前に雨模様から曇り予報に変更し諦めていた山行を急遽検討する。で、撮影していない狗留孫山にいくことにした。狗留孫山といえば修善寺の参道を歩く杉谷コースが一般的だが豊北町方面から登る上畑コースもできれば歩きたいと思っていた。

2016kuruson_sugitani_gpsa.jpg
狗留孫山杉谷コース(奥の院立寄り)ログ


そこで、まずは杉谷コースを歩き、気が向けば上畑コースも歩くことにし狗留孫山に向かう。狗留孫山を登る際迷うのが麓の「重兵衛茶屋」から登るか、修善寺参拝用駐車場から登るか迷うのだが、重兵衛茶屋から駐車場までは車道をひたすら歩くだけのつまらないもので麓から歩いたという自己満足にしかならないので考えたあげくいつも却下している。

2016kuruson_sugitani02.jpg
山頂標識

2016kuruson_sugitani01.jpg
山頂風景


駐車場に到着、軽く準備体操をして出発、朝が早いこともあって駐車している車は少ない。参道は荒れ気味の階段が修善寺まで続く。詳細は省くが山の中腹にある本堂は参拝するだけでも大変なのだが参拝者は多く、休日ともなれば参拝者が途切れることはほとんどない。山頂へは奥の院方面に向かう途中に分岐がある。

2016kuruson_sugitani03.jpg
奥の院から山頂への歩行はやめておいたほうがよいでしょう


この日は奥の院に立ち寄り、分岐に戻るという遠回りをすることにした。狗留孫山にきたのなら奥の院には立ち寄っていただきたい。奥の院に到着すると大きなヒキガエルがじっと座って動かない。ヒキガエルは刺激すると毒を散布するため刺激しないようにお参りする。

2016kuruson_sugitani05.jpg
奥の院➀

2016kuruson_sugitani04.jpg
奥の院②

2016kuruson_sugitani06.jpg
奥の院③

2016kuruson_sugitani07.jpg
奥の院④


そうそう、この奥の院から山頂にいくルートと称してネットで掲載して輩がいるようだが、奥の院の裏手は神聖な場所として立入禁止になっている。これを犯たたものは死をもって償うことになるという強烈な標識もある。こういった脅しを信用するかどうかは個々人次第なんだが「触らぬ神に祟りなし」というし、管理者がダメだというものをあえて破る価値はないのでルールは守るべきだと思う。

2016kuruson_sugitani08.jpg
奥の院で出会った大きなヒキガエル


で、分岐までもどり山頂まで何事もなく到着。山頂で一服していると会社からトラブルの電話が入る。とりあえず指示を出すが解決しなければ会社にいく必要がある。とりあえず上畑コースは諦めて下山することにした。なお、山頂では電波が不安定で度々通話が切れてしまった。結局、トラブルは解決したようでその後連絡はなかった。


汗を流すために温泉にいくことにして狗留孫山をあとにした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL