山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP観光地 ≫ 大韓民国釜山市 2017GWの旅 その④ 釜山の地下鉄

大韓民国釜山市 2017GWの旅 その④ 釜山の地下鉄


釜山駅南側の風景と車の走行のようす


釜山駅と地下鉄釜山駅入口の位置関係


釜山国際旅客ターミナルをでて、釜山駅へ徒歩で向かう。バスを利用していこうとも思ったが、交通カードがないと面倒だし、歩いても10分ほどの距離なので歩くことにする。ターミナル周辺は工事中で整備中といった感じで歩きにくいというか、どこ歩いたらいいか分からんといった感じ…。

201705busan16.jpg
国際生活をここだけで味わえます。 グローバルレジデンス「ヒョプソンマリーナG7」…開発中のマンションの看板かな?


公社釜山駅は韓国の南の玄関口ということもあり利用客は多い。また、韓国の新幹線「KTX」や[SRT]の発・終着駅であり、韓国観光の中心施設の1つである。そのため、綺麗で大きいが、規模でいったらJR岡山駅くらいの規模しかないだろう。韓国の新幹線に少し興味はあったが、時間もないので地下鉄釜山駅へ向かう。ここで自分の思い込みから随分と時間ロスをしてしまう。

201705busan17.jpg
釜山駅南側のようす(ターミナルから徒歩10分)

201705busan18.jpg
バスには経路ごとに違う番号が振られています


結論からいうと公社釜山駅と地下鉄釜山駅は少し離れた場所にあり、駅間はツナガッテいない。つまり、公社釜山駅で地下鉄釜山駅入口を探しても意味がないということだ。当方は地下鉄釜山駅と公社釜山駅は通路でツナガッテいると勝手に思い込んでしまっただけでなく、おかしいと思いながら、人に聞くなどの措置を怠ったため、気づくのに大変時間と労力をかけてしまったのだ(悲)



201705busan19.jpg
迷った挙句たどりついた地下鉄入口の看板(地下鉄はこの看板です)


で、案内所で「地下鉄釜山駅はどこ?」、「外出て真っ直ぐいけや」的なやり取りがあり、ようやく地下鉄釜山駅を発見したのは、駅入りしてから30分ほどたった頃だった。で、券売機で切符を購入することにしたが、どういうわけか1000₩札しか使えない。韓国には1000₩、5000₩、10000₩、50000₩札があるのに日本円で約100円の1000₩しか使えんってどうゆうことやねん(怒)

201705busan20.jpg
券売機のようす(日本語での案内もあります)

201705busan21.jpg
自動改札機は日本より1世代遅れています


まあ、交通カードが発達している釜山では現金精算している人はほとんどいないので問題ないのだとは思う。交通カードとはバス、電車、地下鉄、タクシー、コンビニ、有料道路などで使用できる電子マネーカードで「キャッシュビー」や[マイビカード]などがある。都市部ではほとんどの人がこのカードを利用しているようだ。

201705busan22.jpg
各駅には番号がふられていて分かりやすい


当初はカードを購入予定だったが時間が押していたため、時間がかかりそうなことはパス。今回の旅は現金で押しとおすことにした。だが、1000₩札も小銭も持ち合わせが少なく、必要に応じてコンビニに走ることになって結果的に選択は失敗した。次回訪問時はカードを必ず買おうと思う(強い思い)。

201705busan23.jpg
ホームはホームドアが設置されていて安全性が高い


釜山地下鉄1号線はホームドアになっている。また、サイネージを利用した販促活動も盛んだ。ホームにカップコーヒーの自販機があったのだが、ハーフサイズの販売で1杯300₩(約30円)~と安い。列車は10分間隔くらいでくるが、ティータイムにするのにぴったりのサイズで便利が良い(日本にもあればいいのにと少し思った)

201705busan24.jpg
気に入ったのはミニカップ使用の自販機(ホットがなんと30円)


車内は大声を出す人や携帯で話す人などおらず日本よりマナーがよい。また、駅も綺麗でゴミなど落ちていない。もっといえば街中にも気づくほどのゴミはない。ハッキリいって日本の方がよほど汚い。駅ごとに番号があって、目的地の番号さえ覚えておけばいいのでハングルが読めない観光客にはよい。個人的には、トイレ以外の問題は今回いった場所では全くもってなかった。

イロイロ興味深そうに見ていたらあっという間に目的地の「温泉場(オンチョンドン)」の駅に到着した。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL