FC2ブログ

山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP地域情報 ≫ 山口県美祢市 秋芳梨生産協同組合で梨狩り 2017/09/10

山口県美祢市 秋芳梨生産協同組合で梨狩り 2017/09/10

2017shuhonashikgari01.jpg
やってきました。秋芳梨選果場

2017shuhonashikgari02.jpg
工場内では次々と梱包されております


先日、連れと梨狩りにいってきたのでご報告。季節は実りの秋です。昨年、徳佐にリンゴ狩りにいき、改めて○○狩りの楽しさに目覚めてしまった当方です。で、今年はとりあえず梨狩りに行こうということになりました。当方はリンゴも梨も好きですが、特に徳佐の『フジ』と秋芳の『20世紀』が大好きです。

2017shuhonashikgari03.jpg
梨狩りの特設受付場

2017shuhonashikgari04.jpg
料金1000円(お土産2個付)


リンゴ派か梨派のどちらかと聞かれたら梨派であの独特の甘酸っぱさや粒々感がたまりません。梨といえば鳥取といわれていますが秋芳梨の歴史は古く、鳥取県と同じ1904年に栽培を開始しています。個人的には鳥取県のものよりみずみずしく、甘味が強く感じます。まあ、同じ条件のものを食べてないので気のせいかもしれませんが…。

2017shuhonashikgari05.jpg
梨園までバイクで先導してくれます

2017shuhonashikgari06.jpg
梨狩り会場の『酒迎梨園』


梨狩りの受付は『秋芳梨選果場』裏手にある小屋で行います。料金を払うとお土産用の梨袋と入場券を渡されます。その後、梨園までバイクで誘導されます。到着したのは恐らく組合員の1つの酒迎(さこう)梨園。酒を迎えるとは梨園らしくありませんが梨は沢山実っているようです。受付にいるおばちゃんに梨のとり方など一通り説明をうけたら食べ放題の開始です。

2017shuhonashikgari07.jpg
たわわに実ってます

2017shuhonashikgari08.jpg
お土産用の袋とプラスチックナイフは料金込み


因みに料金は1人1000円でお土産なし2個つきです。お土産がついているのでこんなもんでしょう。ビックリしたのは木の高さです。スゴク低いので屈まないと移動できません。玉の大きな梨は先客たちが収穫済みとあって小ぶりなものを中心に残っている印象でしたが、よく探すとまだまだ大玉もあるのでお土産用として採取しました。

2017shuhonashikgari10.jpg
梨☆宅急便

2017shuhonashikgari09.jpg
梨から生まれた梨太郎(本当の名前です)


梨は小ぶりのものが多かったですが味は最高!。この美味しい梨がいくら食べてもいいのですから天国です。とはいえ、5個食べたらお腹いっぱいで入らなくなりましたが…。20世紀梨の収穫期は短く、組合の梨狩りは9月15日で終わってしまいましたが、次はリンゴ狩りの楽しみがあります。

来年もこれたらいいなあ…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

No title
うーめんさんへ

こんばんは

私も徳佐のリンゴは大好きです。
北九州からは遠いですが年に一度くらいは伺っています。
香りも歯ざわりも最高ですね。

うーめんさんと同じで、梨も大好きです。
北九州の方だと南のほうに下って小石原の少し手前のほうにフルーツランドがありますので時期が来ると時々うかがっています。
ただ梨は見かけだけではあの瑞々しさとほのかに香る香りや歯ざわりが判別できません。
山口に出かけたときは特牛から少し山のほうに入った果樹園で梨を買うことが多いです。
品種ははっきりとは覚えていませんが結構美味しかったような記憶があります。

梨から生まれた梨太郎~すごいですね。
2017.09.21Thu 20:51 ≫ 編集
Re: No title
ヒデさんへ

いつもありがとうございます。

下関市で梨が有名なのは豊田町だと思うのですが、
栽培品種は『豊水』、『幸水』などの赤梨中心で
栽培している印象です。

赤梨系は甘味が強く、果肉が柔らかいので
個人的に合わない感じです。

20世紀は甘味だけでなく酸味がありアッサリ、
果肉が堅くシャリシャリ感が強いのが好きです。
2017.09.22Fri 13:40 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL