FC2ブログ

山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP県外のお山 ≫ 広島県大竹市 三倉岳 [Bルート周回コース] 2017/11/04

広島県大竹市 三倉岳 [Bルート周回コース] 2017/11/04


三倉岳『Bルート周回コース』全行程


3連休の初日は私用で外出不可。2日目からは雲仙にいくか広島方面にいくか検討。下山後、アシックスショップにより、足サイズの計測とフォームのチェックに行いたいからとの理由で広島方面に決定。で、目的地を大竹市の『三倉岳』にした。このお山は登山者だけでなく、ロッククライマ―にも有名な場所で当日も多くの来訪者が駐車場やキャンプ場で幕営していた。

2017mikuradake01.jpg
素晴らしい山容の三倉岳

2017mikuradake03.jpg
駐車場にあった使われていないクライミングウォール


このお山の特徴はなんといっても外観。三叉槍のような三つの尖ったピークを持ち、それぞれ、朝日岳、中岳、夕日岳と呼ばれている。山の風貌を美しく見たいのなら『三倉岳休憩所』にいくべきである。山麓にある休憩所から三倉岳全貌をみたら必ず登りたくなると思う。

2017mikuradake04.jpg
休憩所に向かう途中の坂道にある『Bコース起点』

2017mikuradake05.jpg
10分ほどでA・Bコース分岐に到着する


現地到着は7時過ぎ。休憩所への道は午前9時までは封鎖されているので、県立自然公園駐車場に車を停めた。10台ほど駐車してあったが、そのすべてが前日からの泊まりらしかった。ストレッチを軽く済ませて早速出発する。道路沿いの楓は赤く染まりスッカリ秋の装いになっていた。このあたりは標高が高いせいか色づきが早いように感じ。

2017mikuradake06.jpg
稜線に向かう途中にある展望所からの朝日

2017mikuradake07.jpg
朝日岳・中岳稜線鞍部分岐標識


休憩所に向かって歩いているとBコース起点とかかれた標識があったのでそちらに進路をとった。あとから分かったことだが、休憩所からBコースに向かうこともできるので、一旦、休憩所に立ち寄って登山を開始することをお薦めする。休憩所からみえる山をみて登りはじめた方が俄然やる気がでると思う。


2017mikuradake10.jpg
朝日岳展望所大岩

2017mikuradake08.jpg
朝日岳からみる中岳・夕日岳方面の展望

2017mikuradake09.jpg
朝日岳からみる自然公園方面の展望

2017mikuradake11.jpg
ちょっと分かりづらい『中岳』に向かう途中にある鎖場


コースは各所に適切に標識があるし、道もよく整備されている。一部、足場が悪い場所や鎖場などもあるがそれほど恐れる場所はない。稜線に到着するまでは急な登りが続きますが、踊場のような場所が所々用意されていたり、展望所で一息できる工夫がなされている。

2017mikuradake12.jpg
中岳ピークの大岩

2017mikuradake13.jpg
中岳からみた夕日岳方面の展望

2017mikuradake14.jpg
中岳からみた自然公園方面の展望

2017mikuradake16.jpg
夕陽岳に向かう途中にある鎖場


コースはA・Bコースがあるが、多くの人がいっているようにBコースから登ってAコースで降りてくる周回コースをお薦めする。このルートがこのお山の面白さをお手軽に楽しめるコースだと思う。当方も今回、このお薦めコースを歩いてみた。今回は登山開始が早かったため、下山完了直前まで人に会うことはなかった。

2017mikuradake17.jpg
夕陽岳ピーク

2017mikuradake18.jpg
夕陽岳から三倉岳三角点ポイントへの展望


コースはまずは稜線まで一挙に登り、『朝日岳』に立ち寄り、『稜線分岐』までもどり『中岳』へ向かう。中岳への道中、名物の『鎖場』を楽しもう。『中岳』は3峰のなかで一番展望が開けており、ピークの岩場で休憩するのは大きな楽しみの1つになるだろう。鎖場は中岳から『夕日岳』に向かう途中もある。ピーク感は15分もあれば移動できるのではないだろうか?

2017mikuradake19.jpg
崩壊が進んでいる9合目小屋跡

2017mikuradake21.jpg
三角点ポイント方面からみた『夕陽岳』

2017mikuradake20.jpg
三倉岳三角点ポイント


3峰を楽しんだあとは、三倉岳三角点ポイントに向かう。夕日岳から一旦下った場所に9合小屋跡がある。潰れるがまま潰れて自然に帰ろうとしている小屋の姿が痛々しい。この9合目小屋跡から下山できるので、三角点によらず下山する人も多いらしいが、三角点好きな当方としては立ち寄らないわけにはいかないので当然のように三角点に向かって登りを選択する。

2017mikuradake22.jpg
Aコース5合目にある『見晴岩』

2017mikuradake23.jpg
Aコース4合目にある三倉岳案内板


三角点ポイントは展望が一切ないので三角点好き以外が立ち寄らないのもわかる。撮影だけしてとっとと9合目小屋跡まで戻ると、あとはひたすら下りのコースをひたすら歩く。5合目に展望大岩があるようですが当方はスルーして下山を続けます。結局、4合目小屋まで勢いで降りてきてそのまま下山完了。

2017mikuradake02.jpg
もうじき見頃を迎える紅葉


カメラの電池交換以外の休憩もほとんどとらなかったので2.5H程度で山行が終わってしまいました。もう少し、ゆっくりすればよかったと思いましたが、これから広島市街に向かうため結果的によかったのですが…。いい具合に足は使うし、さほど時間もかからないし、展望はいいし、山容もいいし、人気があるのも頷けます。機会があればまた登ってみたいお山ですね。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

No title
うーめんさんへ

こんにちは

素晴らしい山容の三倉岳~かっこいいですね。

朝日も気持ち良さそうです。

ゴツゴツとした男性的なお山ですね。

登る前も登った後も気持ちよさげな山ですね。
2017.11.13Mon 15:23 ≫ 編集
Re: No title
ヒデさんへ

いつも、ありがとうございます。


三倉岳は見た目もいいですが、3時間ほどの行程でお手軽だし、
コース内のバリエーションも豊富で飽きないし、
展望もいいので人気があるのもわかります。

同じ時間をかけるなら九州のお山の方がボリュームがあって
面白いのですがたまには広島の里山もいいものです。
2017.11.14Tue 10:16 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL